ジェイ・アイ・サイエンス(有)は、充実した研究機器と研修センターを有している研究誘導型の世界に先駆けたベンチャー企業です。

2022/3/08

クロマトグラフィーの化学教材を開発、発売へ

クロマトグラフィーの分離メカニズムがよく分かる実験装置を発売する。
特徴としては学生二人が5分間で組み立てることが出来るクロマト装置である。
全実験に要する時間として50分を計画している。
その中には説明する時間、組み立てる時間、実験の時間、まとめる時間、後片付けの時間が入っている。従来クロマトグラフィーの教材は自らが組み立てることが出来ない、しかし本装置は学生2人が組み立てることが出来る。また価格が従来、教育用には高すぎたけれども、本装置は約25万円で購入が可能である。日本及び世界の高校、大学の理科教育の実験教材として普及を図る。



We have developed a chemistry teaching material for chromatography and will release it.

This is an experimental device that clearly shows the separation mechanism of chromatography. As a feature, it is a device that two students can assemble in 5 minutes. The time required for the experiment is 50 minutes.
It also includes time to explain, time to assemble, time to experiment, time to put together, and time to clean up within 50 minutes. Conventionally, chromatographic teaching materials could not be assembled by oneself, but this device can be assembled by two students. Also, regarding the price, although it is too expensive for education, this device can be purchased for about 2500$. Promote as experimental teaching materials for science education in high schools and universities in Japan and around the world.


2022/2/28

ジェイアイサイエンス出版部よりの案内

ジェイアイサイエンス出版部は現在3冊の本の出版準備している。
一つは“クロマトグラフィーの50の秘術”この本は本年7月の出版を目指す。
クロマトグラフを使用している技術者に適している書籍。
“クロマトグラフィーの問題集”は10月出版を目指す。クロマトグラフィーの学習に役立つ。またクロマトグラフィーのメカニズムを発案した“天才的科学者ツウェットの伝記”も現在執筆中である。出版予定を今年の11月とする。
価格は順次ホームページで示す予定である(購入BOXも作成中)


クロマトグラフィー問題集Chromatography training book
工学博士 松下至 著 ジェイアイサイエンス研究所
Preparative Chromatography Association


Information from JI Science Publishing Department

The JI Science Publishing Department is currently preparing to publish three books.
One is "The 50 Secrets of Chromatography". This book aims to be published in July this year.A book suitable for technicians using chromatographs.
"Chromatography problem collection" aims to be published in October. Useful for learning chromatography. He is also currently writing "The Biography of the Genius Scientist Twet", who invented the mechanism of chromatography. The publication is scheduled for December of this year.
Prices will be shown on the website one by one (purchase BOX is also under construction).


2022/2/01

クロマト分取技術を開発

ジェイアイエンス研究所は新しい分取技法を開発した。従来の分取技術に比べて成分の純度が上がる画期的な技法である,教材用クロマト装置としても発売の計画している。
簡易型で15000 、精密系で35000円。
実験解説付き書物は20ページで1200円(別売り)



Developed chromatographic sorting technology

The J-I science Institute has developed a new preparative technique. This is an epoch-making technique that increases the purity of ingredients compared to the conventional preparative technology. For chemical education !
It is planned to be released as a device. The simple type costs 150$, and the precision type costs 350$.
A 20-page book with experimental commentary is 12$ (sold separately).


2022/1/31

研究所の玄関のリニューアルアップ

研究所の玄関のリニューアルアップを7年ぶりに改善を図った。正面のアクリル製のシンボルパネルを新規に大型とし作製。荷送用の大きな荷物も入る大型郵便箱を特別にを配置した。



Renewal of the entrance of the laboratory

The renewal of the entrance of the laboratory was improved for the first time in 7 years. Acrylic symbol panel at the front entrance is newly made large. We have specially placed a large mail box that can hold large packages for shipping. Renewal = Chromatographic symbole panel and Laboratory box ! in Matsuyama city.


2020/10/30

 [ベトナムフエ市近況と国立フエ大学との共同研究]

2020年ベトナム中部のフエ市はコロナと大きな台風に見舞われた7,8月。
現在も農林科学部とは植物有用成分の共同研究で愛媛大学と共に継続中である。

A distant view from the Hue University


Regarding the recent situation of Hue City, Vietnam and joint research with National Hue University
In 2020, Hue city in central Vietnam was hit by both corona and a big typhoon (July and August)
Even now, our research institute is continuing with Ehime University in joint research with the Faculty of Agriculture and Forestry for useful plant ingredients.

2020/10/24

 [クロマトの秘術、技術書=ジェイアイサイエンス出版部]

クロマトグラフィーを使いこなすための技術書で秘術も盛り込み研究者、技術者、必見の書   →2022春、出版予定、順次ネット配信実施。


Chromatography arcane technical book
(JI Science Publishing Department)
A technical book for mastering chromatography that includes secret techniques, a must-see book for researchers, engineers, and others.
→ In the spring of 2022, it will be published on the Internet.

2020/10/02

 [分取クロマト研究会報告]( クロマト通信教育リニュアルアップ)

分取クロマト研究会は世界に先駆けて2003年に所長が発足した。通信教育、現在までに8名排出している、2015年に本部をジェイアイサイエンス研究所に移し活動。現在までに機関誌を7冊出していた、今回のリニュアルアップで海外研究者にも門扉を開く。



Report of the Preparatory Chromatography Study Group
(Renewal of Chromatography Correspondence Education)
Our director of the Preparatory Chromatography Study Group was established in 2003, ahead of the rest of the world. Since 2015, the headquarters has been moved to the JA Science Research Institute, which has discharged eight people under the correspondence education system.
To date, seven research institute magazines have been published. This renewal will open the door to overseas researchers.

2020/09/18

 [クロマト装置開発の物語]

ツウェット博士 =ジェイアイサイエンス出版部
所長、自らがツウェット博士の研究の場をほとんど訪れて調査したものを基にして、研究小説を仕上げた。
出版は2021年8月を目指している。ネット配信は2021年8月予定。


Tarto Botanical Research Institute 2013


Chromatograph development story
(Dr. Tswett = JI Science Publishing Department)
The director, based on the contents of his own visit to Dr. Tswett's research site and researched, arranged it into a research novel.
Publishing is aimed at Ang 2021, 8
Online distribution scheduled for Aug, 2021

2020/08/28

 [効率の良い分画装置開発](化学教材用 クロマト装置開発)

化学教材の充実により科学嫌いの生徒の学力向上につなげることを目的に、新規のクロマト装置を開発した。従来20万円もしていた装置を約3万円で組み立てることが出来る。
生徒2人組で5分で組み立てれる装置である。その組立方法と実験指導書も付属している。販売は2021年4月を目指している。現在パンフレッツト作成中実演は来春3月から隔週土曜の午後を予定している。


New Flash Chromatograph


Development of efficient fractionation equipment
(Development of chromatographic equipment for chemical teaching materials)
We have developed a chromatograph to reduce the number of students who dislike science by enhancing chemistry teaching materials. The equipment, which used to cost 200,000 yen, could be completed for about 30,000 yen.
It is a device that can be assembled by two students in 5 minutes. The assembly method and experimental guidance are also included. Currently creating bread FLET'S The demonstration is scheduled for every other Saturday afternoon from March next spring.



2019/10/02

 [学術都市フエ市と国立フエ大学]

フエ市はベトナムの由緒のある古都(19世紀のグエン朝の首都)であり、1993年に世界遺産として登録されている。新市街の北部に位置し一辺600m以上の広大な敷地内に悠然とたたずんでいる。
講演後はフエ大学の学術助手と共に美しい街を散策し由緒あるコーヒー店でもてなしを受けた。最近は学術都市としてベトナム国内でも有名で自然科学分野でレベルが高く、国立フエ大学での将来の研究が国内でも期待されている。美しいアオザイはフエの高校生の制服となっている。私も、流れの清いフォン川(町の中を流れていある)のほとりを進んでいるアオザイの高校生を何人か見かけた。



HPLC Lecture


[Academic City Hue City and National Hue University]
Hue City is the ancient capital of Vietnam (the 19th century Nguyen capital) and was registered as a World Heritage site in 1993. Located in the northern part of the new city, it stands in a vast site with a side of 600m or more.
After the lecture, I walked around the beautiful city with an academic assistant at Hue University and received hospitality at a venerable coffee shop. Recently, it is famous as an academic city in Vietnam and has a high level in the field of natural science. Future research at the National Hue University is also expected in Japan. Beautiful Ao Dai is a uniform for Hue high school students. I also saw some Ao Dai high school students on the banks of the clean river von River (flowing through the town).



2019/08/25

 [ジェイ・アイ・サイエンスの研究所長がベトナムの国立フエ大学にて研修会実施]

松下研究所長がベトナムの国立フエ大学より正式なクロマトグラフィーの講演の招待を受け、この機会を活用して6月中旬に3日間のワークショップも含めて開催した。この大学での講演会を土台として、日本分析工業(東京)と協力し、ベトナムでクロマトグラフとその関連機器の市場開拓に乗り出す。現在東南アジア地区の代理店(インドネシア主担当)が交渉を進めている。
講演会とワークショップの参加者は同大学農林科学学部の教員を中心に、他のカレッジの大学教員であった。講演内容は①クロマトグラフィーのメカニズムと有効活用②最新のリサイクルクロマトグラフィー(日本分析工業製)利用の実施例③持参したクロマト装置(ジェイアイサイエンス製の独自の分画装置ー特許申請中)での食品の有効成分の分離精製。
講演中、教授による質問と臨時のミニレクチュアーも入り活況であった。概してベトナムの大学の研究者は熱心である。講演後教授2名と共同研究で合意し現在進行中である。
(所長と懇意の農学部の先生と研究の進め方につて検討会を現在開いている)



Hue University

World Heritage and Dr.IM.


[Director of J-I-Science chemical Institute conducts a workshop at National Hue University in Vietnam ]
The head of the research institute of J I Science Lab was invited to give a formal chromatographic lecture from the National University of Hue in Vietnam, and a 3-day workshop was held in mid-June using this opportunity.
Based on the lecture at this university, in collaboration with Japan Analytical Industry (Tokyo), we will start market development of chromatographs and related equipment in Vietnam. Currently, agents in Southeast Asia are in negotiations.

Participants in the lectures and workshops were mainly faculty members of the university's Faculty of Agriculture and Forestry Science, and other university faculty members. The contents of the lecture are (1) Chromatographic mechanism and effective utilization (2) Examples of using the latest recycling chromatography (manufactured by Nihon Analytical Industry) Separation and purification of active ingredients
During the lecture, the professor's questions and temporary mini-lectures were also active. In general, Vietnamese researchers are enthusiastic.



2018/10/01

昨年ベトナムの公社(ECC)にて「食品加工技術とクロマトグラフィーの活用」で所長が講演した事をきっかけに、ECCの3名の技術員が本研究所の食品化学技術研修を受けることが内定した。研修期間は21日間である。
(ホーチミンの新研究所のリーダー育成のための一貫である)


ベトナムのワークショップ(Workshop in Vietnam)


Last year the director gave a speech at the corporate office in Vietnam (ECC) on "Utilization of Food Processing Technology and Chromatography", three ECC staff members were asked to accept "Food Chemistry Technology Training" at the Institute The training period is 21 days.
(It is consistent for fostering leaders of Ho Chi Minh's new laboratory)



2018/9/12

新規に開発したフラッシュクロマト装置とHPLCを組み合わせた方法により、呈味のある成分の数値化がより効率的になることを見出した。
現在両機種を合体させてより精緻なデータを得られるようになる研究を開始した。
食品の味の基本5味(甘味、塩味、酸味、旨味、渋味)と渋味、辛味を合わせた7味の構成成分とそれらの閾値をデーターに保存しその数値と研究所で開発した数式で自動的にグラフ化する装置の開発である。


呈味判定実験(During chemistry experiment)

分析フロー図(Judgment technique)


We found that the quantitization of tasty components becomes more efficient by a combination of a newly developed flash chromatography device and HPLC.
We began research that will now be able to combine both models and obtain more precise data.
Seven taste constituents including seasoning and pungent taste of the basic 5 tastes (sweet, salty, sour, umami, astringent) of the taste of food are stored in the data and the numerical values and mathematical expressions developed at the laboratory. It is a development of a device to graph automatically.



2018/8/20

呈味の強さをHPLC活用にての判定技法を開発した。

以前から研究所内で実験を重ね、より精度が向上したので、7月下旬に特許申請し分析受注を開始した。呈味のある成分を数値化する計算法も同時に開発した。各成分の閾値の逆数を換算し成分濃度と組み合わせる「呈味強度の判定技法」である。この判定技法による味の数値化で食品の味の品質を合理的に管理できる。7月下旬の特許申請を機に「IM判定法」として食品メーカーなどにPRする事になった。


精密分析装置(HPLC)


We developed the judgment technique by using HPLC with the intensity of taste.
Since the accuracy was improved, we applied for patents in late July and started analyzing orders. We also developed a calculation method to quantify tasty components quantitatively. "Taste intensity determination technique" which converts the reciprocal of the threshold value of each component and combines it with the component concentration. By quantifying taste by this judging technique, the quality of the taste of food can be managed rationally. I am going to PR to food manufacturers etc.



2018/4/25

LGFC新発売を記念して、LGFCの活用方法実地指導開始

実際にLGFCを一度使用してみたいという方のために、ジェイ・アイ・サイエンスの化学技術者が現地を訪問し、現物のLGFCを持ち込み、実例を示しながら使用方法を説明する。
指導料は1日7時間で3万円を予定している。
なお、松山市余戸にあるジェイ・アイ・サイエンス研究所においては、5月中旬からLGFC研修会を開催する予定である(メールにて要相談)


Experiment of LGFC


In commemoration of LGFC launch, practical guidance of how to utilize LGFC commenced
For those who would like to actually use LGFC, chemical engineers from J. I. Science will visit the site, bring in the actual LGFC, explain how to use while showing an example.
The guidance fee is scheduled for 30,000 yen in seven hours a day.
Furthermore, at the J / I Science Laboratory in the left Matsuyama City, LGFC workshop is scheduled to be held from mid May (consultation required by e-mail)



2018/4/15

LGFCの販売計画

LGFC-A型
送液量1分間に1.0~50ml、フラクションコレクター、検出器別売り
LGFCのベーシックモデル。(5月25日より発売 価格は150,000円+税)

LGFC-B型
送液量1分間に1.0~40ml、フラクションコレクター、検出器付きのオールインワンタイプ
(6月25日より発売 価格は45,000円+税)

LGFC-M型
中型のLGFCで送液量1分間に2.5ml~100ml、フラクションコレクター、検出器は別売り
(6月25日より発売 価格は27,000円+税)

いずれの装置も、購入時前の打ち合わせ可能(わずかの仕様変更は可能)


LGFC-A type-set


15th March LGFC sales plan

LGFC-A type
Feed volume 1 - 50 ml per minute, fraction collector, detector sold separately
Basic model of LGFC. (Release price is 150000 yen + tax from April 25)

LGFC-B type
1.0 to 40 ml per 1 minute of liquid feed quantity, all-in-one type with fraction collector, detector
(Release price is 450000 yen + tax from June 25)

LGFC-M type
Medium-sized LGFC with feed volume of 2.5 ml to 100 ml per minute, fraction collector, detector is sold separately
(Release price is 27000 yen + tax from June 25)

Both devices can be negotiated before purchase (slight modifications are possible)



2018/3/22

新方式の分離精製装置を特許申請
~有効成分の分離工程の短縮化や工業化支援へ
ジェイ・アイ・サイエンス独自の分離・精製効率を高めた新型クロマトグラフを特許申請した。対象物質をカラムに送液、吸引するリニア・グラジェント方式が特許の根幹となる。新方式により有効成分の抽出時間の短縮化と大量精製、精製プラントの低価格化が実現できる。このほど小型の実験器も完成した。(模式図参照)
特許申請したのは化合物の分離精製器具「リニア・グラジェント・フラッシュクロマトグラフ」で、今年1月22日付で受け付けられた。 この送・吸引を同時に行うことで圧損失が少なくなり、有効成分の効率的な分離・精製が可能となる。従来機器では100㌘の精製に要した時間で、新方式では理論値ながら約20倍の2000㌘を精製できる。このため精製時間の短縮化や大量生産化が実現する。さらにプラント設計を簡素化できるため工業化の装置の製作費用が10分の1以下に抑えることができる。
同社では「日本の農村や東南アジアの農村には有効成分の抽出が可能な農林産物が豊富にある。自社の装置特許や食品加工技術を活用して、日本の農家やアジアの地域の収入アップに繋げてゆきたい。


Separation of Pigment using LGFC


Patent application of a new separation / refinement device Shortening of separation process of active ingredients and support for industrialization Jay • Eye Science applied for a patent of a new type chromatograph enhanced its separation and refining efficiency. The linear gradient method of feeding and sucking the target substance to the column is the basis of the patent. The new method can shorten the extraction time of active ingredients, mass-scale purification, lower price of the purification plant. A small experimental instrument has also been completed. (See schematic diagram) The patent application was accepted on January 22 this year at the compound separation / purification instrument "linear gradient flash chromatograph". Simultaneous feeding and suction reduces pressure loss, enabling effective separation and purification of active ingredients. In the conventional equipment, it is the time required for refining 100,, and in the new method it is possible to refine 2000 約 which is approximately 20 times the theoretical value. Therefore, shortening of purification time and mass production can be realized. Furthermore, since the plant design can be simplified, the manufacturing cost of an industrialized apparatus can be suppressed to 1/10 or less. The company says, "There are abundant agricultural and forestry products that can extract active ingredients in rural villages in Japan and rural villages in Southeast Asia. By utilizing our company's equipment patents and food processing technology, we will increase the income of Japanese farmers and Asian regions I want to connect".



2018/3/18

リニア・グラジェント・フラッシュクロマトグラフの開発に成功
ステップグラジェント方式よりも、すぐれた分画装置を開発するために、溶離液リニアグラジェント方式を開発する必要があった。そこで、我々は鋭利研究を重ね、カラム下部からの吸引とカラム上部からの送圧とで、溶離液濃度をリニアグラジェント的に変化させる事に成功した。グラジェント方式は2本の溶液を用いるが、1本目のボトルを引圧状態にして、2本目のボトルを開放状態にする事で、良好なリニアグラジェント方式のフラッシュクロマトグラフィーを完成させた。また本装置で分画操作を行う際、カラム下部より、気泡が生じ測定の弊害となっていた。これを解決するためのカラム下部からの吸引とカラム上部からの送液圧の比率を精緻に調査し、吸引力1.0:送液圧1.2の比率を見つけ出した。


Succeeded in developing linear gradient flash chromatograph
In order to develop an excellent fractionation device, it was necessary to develop an eluent linear gradient system rather than a step gradient system. Therefore, we succeeded in sharp research and succeeded in linearly grading the eluent concentration by suction from the bottom of the column and pressure from the top of the column. In the gradient method, two solutions are used, but a good linear gradient type flash chromatography was completed by placing the first bottle in a pressure state and opening the second bottle. Also, when performing fractionation operation with this apparatus, air bubbles were generated from the bottom of the column, which was a harmful effect of measurement. In order to solve this, the ratio of the suction from the bottom of the column and the feed pressure from the top of the column was carefully investigated, and the ratio of the suction force 1.0: feed pressure 1.2 was found out.



2018/1/7

3年前から交流のあったハワイ大学の教授との技術連携を進める中で、昨年12月に契約、2月から6ヵ月をかけて抽出方法の報告書と精製物を提供する。
ハワイの植物研究所では、生理活性研究を進める一方、液体クロマトグラフを活用しての高純度精製の技術のある研究所を模索していた。ジェイ・アイ・サイエンスについて、ハワイ大学の教授より紹介され、相談。(昨年、Qリー教授は松山市のジェイ・アイ・サイエンス研究室を訪れている)
そのリー教授の紹介のもと研究受託業務を交渉、昨年12月に契約書を交わしたもの。
ジェイ・アイは、1月から自社で保有するリサイクル分取クロマトグラフ装置などを使い精製を開始。今回の受託研究の意義を「ベトナム及び米国の研究所から注目される分離精製技術をさらに全世界の研究機関にアピールしたい」(松下所長)としている。


Hilo city and snow mountain in Hawaii island with a research stitute


Separation and refining service contract from research institutions in Vietnam Started this month to separate and purify new chemical compounds In JI Lab、 we has entrusted the separation and purification of synthetic biologically active substances from research institutes in Vietnam (mainly from Hanoi Institute of Technology). A year ago, I have been studying development research since I became familiar with ECC .COE―T,Tuoc in inviting technical training on food material development at ECC in Ho Chi Minh City. Among them, the teacher of Hanoi University in the north and Dr. Matsushita of J.I Science(YU) were exchanging opinions on research papers, so after visiting the laboratory of PhD. T. Chuan after technical training, the separation of synthetic biologically active substances this time . Those entrusted with refining work. Although it is a complex compound, it will be refined using J.I Science chromatography equipment. The refined components are to be subjected to molecular structure analysis and determination of physiological activity performance in Vietnamese research institutes. Dr. Matsushita is scheduled to visit the room of PhD. Chuan of Hanoi University of Technology at the stage of research. We also hold meetings on future research subjects.



2017/12/7

ベトナムの研究機関から分離精製業務受託
新規の化学合成物の分離精製に今月着手

ベトナムの研究機関(ハノイ工科大学を中心として)から合成生理活性物質の分離精製業務を受託した。
1年前ホーチミン市のECC(エネルギー開発センター)の食品素材開発に関する招待技術研修を期にECCのT.ツウオンク社長と親しくなり、現在、開発研究を継続してきている。その中で、北部のハノイ大学の先生とジェイ・アイの松下所長は研究論文で意見交換をしていたので、技術研修の後T.チュアン博士の研究室を訪れ、今回の合成生理活性物質の分離精製業務を委託されたもの。
複雑な合成物であるが、ジェイ・アイ・サイエンスのクロマト装置を駆使して精製してゆく。精製された成分は、ベトナムの研究機関で分子構造解析と生理活性能の判定を行うことになっている。研究の進行段階で、松下所長がハノイ工科大学のチュアン博士の部屋を訪れる予定にしている。今後の研究課題についても会合を持つ。



We are working on teaching and teaching collaboration between the University of Hawai'i, which had been interacting since three years ago. In December of last year we also signed a contract, work to send the extraction method report and extracted substances from February over 6 months Consignment. At the research institute in Hawaii, while pursuing physiological activity research, he was looking for a laboratory with technology of high purification using liquid chromatography by J.I Science, it was introduced from the professor of the University of Hawaii and consulted. (Last year, professor Q .Li visited J.I Science Laboratory in Matsuyama City) Under the introduction of Professor Q.Li, I negotiated a research consignment work and exchanged a contract in January last year. J.I Science started refining using recycled preparative chromatograph equipment held in-house from January. Provide reports and refined products after 6 months of research. J.I said that the significance of this research will be I would like to appeal the research and development institutions worldwide to further purification technologies that are attracting attention from research institutes from foreign countries



2017/12/5

ジェイ・アイ・サイエンスは研究所の設備充実に伴い、研究所の有効活用の一貫として、大学、企業の研究者育成のために化学技術研修会を2年前から実施してきました。
この度は、市民への科学の有意義性や楽しみ方を学んでもらう為に、年10回程度、市民科学講座を開講することにしました。同社併設の機器分析室を開放し、身近で役立つ実験を中心に行います。第1回目は「市販飲料中のカフェイン含有量」で市販飲料からのカフェイン抽出方法を学び、参加者が機器を使用して、自分で簡単に計算出来るように同社の化学助手が指導します。そのデーターをもとに、所長による「カフェインの身体への影響」と題して、カフェインの有用性や弊害についての講義があります。
科学技術でノーベル賞を受賞している県の市民に科学講座を開講する事は、世界に通用する科学者を育成する事につながると考えています。
募集を1月5日~2月15日まで受け付け、第1回目の開始を3月の中旬を予定しています。(一般から小中高生)
参加費は1名1,000円とし、親子連れは2名で1,500円。
(定員1回 先着8名)申し込みは、メール、はがき、FAXで可。
〒790-0045 松山市余戸中1丁目2-5 ジェイ・アイ・サイエンス(YU)研究所内
松下至 宛  TEL FAX 089-908-9718


Fruit extraction of active ingredients in plants, separation purification technology is being utilized to start contract refining work. Currently the active ingredients of agricultural products are outsourced from Lab in Hawaii State. In addition, Lab of Viet-nam entrusts the refining business of natural products.



2017/11/25

ジェイ・アイ・サイエンス(YU)研究所内の分取クロマトグラフィー研究会のツウェット部会よりの記念万年筆を発売します。M.S.ツウェットがクロマトグラフィーを発案した際の分離パターンがモチーフになっています。限定10本で25,000円(税別)(製品はセーラー万年筆本社製造18金)


We release a memorial fountain pen from the Tweet Subcommittee of preparative chromatography research group in JI Scheme (YU) Laboratory. The separation pattern when M.S. Tweet invented chromatography is a motif. 25000 yen (excluding tax) with limited ten (Product is 18 kanufactured by Sailor pen fountain headquarters)



2017/11/10

果実、植物中の有効成分の抽出、分離精製技術を活かして受託精製業務を開始しています。現在農産物の有効成分についてはハワイ州の研究所から精製業務を受託しています。また、ハノイ工科大学からは天然系の合成物の精製業務を受託しています。


Fruit extraction of active ingredients in plants, separation purification technology is being utilized to start contract refining work. Currently the active ingredients of agricultural products are outsourced from Lab in Hawaii State. In addition, Lab of Viet-nam entrusts the refining business of natural products.



2017/08/12

新規のフラッシュクロマトグラフの開発に成功、11月末発売予定

新規にフラッツシュクロマト装置を、ジェイ・アイ・サイエンスが開発発売へ
ジェイ・アイ・サイエンス研究所長が独自に世界に先駆けて、新規のフラッシュクロマト装置 を新規のフラッシュクロマトグラフと命名し、その頭文字をとり、世界的に広め、11月25日販 売に向けて、現在二代目組立中。
「今回開発のフラッシュクロマト装置の活用分野」
1、基礎研究のための分画
2、精密HPLCのための前処理用
3、生理活性測定のための分画
4、教育のためのクロマト装置
5、工業化、大規模抽出用
価格予定
ミニ教育用タイプ 20万円、中型タイプ 30万円、大型タイプ 50万円


Succeeded in developing a linear gradient flash chromatograph, to be released at the end of November

J I SCIENCE newly to develop a suction type FLASH CHROMATOGRAPH.
Director of J. I. Science Institute independently pioneered the world, named the pressurized suction type flash chromatograph as linear gradient flash chromatograph, we named as LGFC globally, for sale on November 25 Now, it is assembling the second device.
"Application field of flash chromatography device developed this time"
1, fraction for basic research
2, for pretreatment for precision HPLC 3. Fractionation for physiological activity measurement
4, Chromatographic equipment for education
5, for industrialization, for large scale extraction
Mini education type 200,000 yen, medium size type 300,000 yen, large type 500,000 yen



2017/07/15

昨年の東京の化粧品メーカー、今春の野村町 食費素材開発グルーブの化学技術研修に引き続き、今回愛媛大学農学部学生8名参加にて(指導教官西脇先生)実施。

レクチャーは所長の“分配クロマトグラフィーの分離メカニズム”であった。
レクチャー終了後、研究室にて、実際のクロマト装置による色素分離作業を観察してもらった。
最後にクロマトグラフィーに関する問題も学生に解いてもらった。


Following last year's cosmetics maker in Tokyo, Nomura Town Food Expo Material Development Grove Chemistry Technology Training in this spring, this time Eight students of Ehime University Faculty of Agriculture participated ( A. Professor Nishiwaki).

The lecture was director 's' separation mechanism of partition chromatography'. After the lecture was finished, we asked the laboratory to observe the dye separation operation by the actual chromatograph. Finally, students also solved chromatographic problems.



2017/07/01

所長が化学誌の専門誌にノーベル賞とクロマトグラフィーに関して解説論文、掲載

Tswettのクロマトグラフィーを有効に活用してノーベル賞に輝いた研究者について詳しく論じている
クロマトグラフィーそのものの発見(原理、技術、理論)やクロマトグラフィーを有効に活用してのノーベル賞の内容について記し、合わせて今後、有望なクロマトの装置開発の方向性についても解説している。



The Director has published a commentary on “the Nobel Prize and chromatography” in a journal of a chemical journal, published

We discuss the Nobel laureate researchers in detail by making effective use of Tswett's chromatography It describes the contents of the Nobel Prize by effectively utilizing the discovery of chromatography itself (principle, technique, theory) and chromatography effectively, and also explains the direction of promising chromatographic device development in future.



2017/04/12

フラッシュクロマト装置の開発と販売

弊社研究所では従来から各種のフラッシュクロマト装置を開発してきたが今回デモ用のミニ・フラッシュクロマト装置が東京のクロマトグラフメーカーへの導入を機に三装置の同時全国販売を開始した。
価格は今回のミニ・フラッシュクロマト装置は12,500円(税別)
中型フラッシュクロマト装置は 85,000円(税別)
大型フラッシュクロマト装置は200,000円(税別)
(開発記念キャンペーン中で8月15日まで上記の価格、それ以降は10%アップ)



2017/03/14

新規のフラッシュクロマト技術を開発し、その技術を駆使しアントシアニンを製品化、販売

従来の技術では果汁類からのアントシアニンの粉末化は難しかったが弊社は独自のフラッシュクロマト技術を駆使しアントシアニン類の粉末化に成功した。原料のブルベリー果汁には糖類を多く含みフリーズドライ、スプレードライ法では粘着性のあるペースト状になってくる。 このような粉末装置にかける前にフラッシュクロマト技術を駆使し分画しておけばきれいな粉末に仕上げる事になり、今回製品化した。
90%アントシアニン類  100 ㎎(ブルーベリー由来) 12,000円(税別)
シアニジン-3-グルコシド 50㎎(ブルーベリー由来)  21,000円(税別)



2017/02/12

州立ハワイ大学のQ.Li教授がジェイ・アイ・サイエンス(YU)研究所来社

州立ハワイ大学のMolecular Biosciences and Bioengineering学部のQ.Li教授がジェイ・アイ・サイエンス(YU)とのバイオ食品素材開発の共同研究のため、松山市の弊社の食品素材開発研究所に来社した。研究状況の打ち合わせと共に最新のリサイクルクロマト装置の有用性について、代理店契約を締結している日本分析工業 (株)の技術部長から解説があった。その後、今後の研究開発のスケジュールについて三者で打ち合わせた。本年成果が出れば、機器導入打ちあわせと論文仕上げのため、弊社所長が三度目のQ.Li教授の研究室を訪問する事になっている。



2016/10/2

Phot: Study meeting at Lab of Prof Q.Li in Hawaii

海外大学へ新型分離装置の営業開始

ハワイ大学バイオ食品学科研究室にてミーテイング
海外の大学研究室向けに化学分離装置の販売をスタートした。新型リサイクルクロマトグラフ装置と自社のフラッシュクロマト装置のプレゼン(松下所長)をするとともに、ハワイ大学Molecular Biosciences and Bioengineering学部の研究テーマをサポートするのが目的。
今夏から州立ハワイ大学のバイオ食品学科と天然物有効成分の試料分離を担当する事になった。

代理店契約を締結している分取クロマト装置の大手機器メーカー(日本分析工業 東京)との新型のリサイクルクロマト装置の開発を機に、ジェイアイ研究所独自のアイデアによるフラッシュクロマト装置のプレゼンを実施。今後は、東南アジアの研究機関、大学への販路を考えている。



2016/09/25

ミニフラッシュクロマト装置発売

本年5月にジェイアイサイエンス独自のフラッシュクロマト装置を開発し販売して来ましたが、今回改良を重ね、手持ちで移動も出来るミニ・フラッシュクロマト装置を開発し、新規に発売する事にしました。

本格的なフラッシュクロマト装置と比較して、重量、大きさを共に30%縮小しました。価格も割安に設定し8万円としました。研究用、教育学習用と併用して使用できます。開発記念キャンペーンとして、オールインワン装置でガラス専用カラム2本、試料注入シリンジ2本で10万円で販売します(期間限定10月20日から~12月20日)

開発キャンペン中はジェイアイサイエンス特製の4色分離分取の「カラフルクロマトグラフィー」小冊子を1000円で配布します
(送料、税込、期間限定10月20日から~12月25日)




2016/08/08

JIサイエンス独自の発案によるフラッシュクロマト装置販売開始

このクロマト分離装置はフラッシュクロマトグラフと呼ばれて、そして多量の試料を分離処理することができます。 通常の分析用クロマトグラフの約350倍処理できる、すなわち1回で1年分の試料を分離分画できる。 私のオリジナルの発案にて、ブレーンの職人が、このフラッシュクロマトグラフを仕上げました。


フラッシュクロマト装置

15万円(税別)
ご購入希望の方は、メールでご連絡ください。

新規格のこのクロマト装置の有用性と特長は次の通りです

  • (A)高校の化学の授業に適している(ジェイアイサイエンス松下所長の論文有り)
  • (B)天然物よりの有用成分の抽出分離に適している
  • (C)化学合成反応物から有用な物質を抽出するのに適している
  • (D)精密クロマトグラフィーのための試料の前処理に適している



    (装置の内容)
  • ①装置一式
  • ②ガラスカラムは自由に選択することができます。
  • ③本装置には使用解説書と実際の有用成分の分画操作と結果の小冊子が付属で付きます。
    ※価格リストはジェイアイサイエンスホームページに記しています。
  • ④使用解説書と実際の有用成分の分画操作と結果の小冊子は別売りも可能です。(1,000円 税別)


Flush chromatograph by JI science

This analysis device is called flush chromatograph and can process a lot of specimens.
My friend's machine craftsman manufactured this analysis device by my original suggestion.


Flush chromatograph


    A next is mentioned as practical use of this device.
  • (A)I am suitable for the chemistry teaching materials in the high school and the university.
  • (B)I am suitable for separating a spirit from a product of nature.
  • (C)This is a chromatography which extracts a useful substance from a chemical-synthesis reactant.
  • It is a device suitable for the pretreatment of the sample which I apply to an analysis device.



    (The content of a device)
  • ①A set of devices
  • ②I can choose a glass column freely.
  • ③This device is introduced, anyone can use it immediately.
    -A price-list is shown in a scheme-

JI laboratory located at Japanese castle city in south island Japan


2016/05/2

新規に、イドモト環境香気商品販売とジェイ・アイ・サイエンス(YU)は提携を結び、5月より協力開発し、販売する事になった。

西予市野村町のハーブ、薬草を主原料として、
両社でコラボレーションした独自の抽出法により、
最初に4種類のエッセンス、基礎化粧品原料を販売してゆく。
(企画、デザインはヒロコエッセンスの協力を得ている。)

5月2日、ジェイ・アイ・サイエンス(YU)内に、
エッセンス事業部を設立した。(ヒロコエッセンスも同時に参画)

今後も、朝霧の里の原料から天然系エッセンスを抽出し、 イドモト環境と提携を結んで販路拡大を計る予定である。




2016/04/20

クロマトグラフィーの創始者、ツウェット博士のメモリアル図書館が
ジェイ・アイ・サイエンス研究所2階に完成した。

エストニア共和国のタルトゥ大学植物園内にある、ツウェット博士の記念館に模した、白亜の内装に仕上げた。
ジェイ・アイ・サイエンス所長が2012年に現地(タルトゥ大学植物園、エストニア国立歴史博物館)
を訪問し、協力を得ていたものも含めて、ツウェット博士の蔵書約25冊、
研究関連書類20部、訪問時の写真(大学、研究所関連)20~30枚を常備している。

またツウェット博士の研究遍歴が分かる、ヨーロッパ地図も自作している。
※来研究所、訪問、歓迎です。2016年7月20日まで無料開放しています。
※コーヒーケーキセットも準備しています。

2016/03/10

食物中の葉酸成分の受託分析開始、研究所に導入した3次元クロマトグラフィーにより正確な含有量を測定出来る。溶離法もジェイアイサイエンス独自に作成した三液グラジエント溶離法で夾雑不純物との重なりを最小限にとどめている。最近の記事で、葉酸が大腸がんの改善に貢献しているという研究報告があり、食物中の葉酸が注目されるようになったことに着目し、本研究所で受託分析を開始することにした。

2016/03/3

1昨年から化学研修制度を設けて、実施してきた本4月を前にレベルアップさせてリュニュアルオープンする。グロマトグラファー(女性化学技術者を採用、専門的に指導する、ホームページ内の写真参照)が原料抽出から有効成分の定量計算法まで指導。。

2016/02/28

ジェイアイサイエンスの研究所は各種クロマト装置を開発し販売している。 今回ジェイアイサイエンス(YU)が独自に開発したフラッシュクロマトカラムを搭載したフラッシュクロマトグラフィーセット(写真参考)をリーズナブルな価格で販売(12,800円 税別)化学実験の初心者でも簡単に使用できるカラムクロマトのセットである。

2015/11/30

薬用成分の定量と生理活性測定の技術習得研修を開講いたします。

当研究所では薬草から有効成分を抽出し、その有効成分を液体クロマトグラフィーで定量すると共に、 そのエキスの抗酸化能を測定する一連の作業を習得出来る化学技術研修を来春1月より年3回の予定で開講いたします。






J・Iscience and preparative chromatography asocieation signed the current agreement. Our staff will be held chemical technology seminar using preparative chromatography at the Institute.


    Its contents as follow
  • 1:To extract the active ingredient from the useful plants.
  • 2:Fractionated into some of the active ingredient by Flush chromatograph
  • 3:The active ingredient was purified using recycle chromatograph.
  • 4:Antioxidant measurement by phot chemical reaction methods
2015/11/10


ジェイ・アイ・サイエンス研究所(YU)は分取クロマトグラフィー研究会と日本分析工業(東京)との共同技術開発により、ウコン中の有効成分クルクミン類を抽出、分画、精製し、三成分を11月25日より販売する。
クルクミン3成分混合物は200mgを12,000円、クルクミン純品100mg 15,000円、デメトキシクルクミン100mg 18,000円、ビスデメトキシクルクミン50mg 18,000円で販売する(HPLC検定98%以上保証)
初回限定プレミアムとして、抗酸能測定値を添付する事としている。公的研究機関、大学、企業研究機関の化学分析試薬、検査研究用純品として販売する。なお先駆けて世界の大学、研究機関への供給も考えている。


Our Institute is to separate the different three types of curcumin component from Curcuma longas using preparative recycle HPLC, to launch powdered components thereof (each components ;500mg )

2015/10/20

薬用植物、ハーブ抽出液中の有効成分の抗酸化測定を効率よく測定する方法を開発した。その技法はフラッシュクロマトグラフィー、リサイクルクロマトグラフィーと光化学発光による活性化酸素の消去率を測定するものである本技法では各分画部の相乗効果も容易に測定可能となった。
現在、本技術の化学技術研修プログラム作成中で第1回目を12月中旬実習予定である。


We fractionate activity ingredient of plants by flash chromatography and isolate a preparative pigment using recycle chromatography precisely. The instrument of measured antioxidant was made in Hitachi Aloka, measured a discrete ingredient (chemical  luminescence  assay). We developed these series of systems and this system is possible by our member. Next month, we plan on opening the workshop flash chromatography and chemical luminescence assay in this laboratory


2015/10/01

四国初の生理活性測定(抗酸化能測定)

リーズナブルな値段で測定開始
天然食品素材の抗酸化性を測定することにより、体内で良くない働きをする活性酸素を除去できる確率を求めることが出来ます。
(測定により、天然素材の有効利用の道が開けます)


2015年9月から25%割引
通常測定料 20,000円 → 15,000円(税別)
先着50社限定(企業及び研究者)



2015/07/30
ジェイアイサイエンスと日本分析工業がビジネスパートナーとなった。
今後の有望成分の精密分離分析を共同で開発してゆく事になっている
植物中の有用成分をフラッシュクロマト装置で分画し、その分画部を日本分析工業の世界最先端のリサイクルクロマト装置で精密分離し、分離した成分を日立アロカ製の抗酸化作用測定(化学発光測定法)が出来る一連のシステム開発し、受託分析測定を8月10日から受け付ける。

J,I science and Japan analysis industry became the business partner.
Our developed the exact separation analysis of the plant ingredient jointly including Japan analysis industry.
We fractionate activity ingredient of plants by flash chromatography and isolate a preparative pigment using the world's most advanced recycle chromatography precisely.
The instrument of measured antioxidant was made in Hitachi Aloka, measured a discrete ingredient (chemical luminescence assay).
We developed these series of systems and this system is possible by our member.
We can accept the trust analysis and measurement with this new system from August 10.

To extract the active ingredient from the useful plants.  →Fractionated into some of the active ingredient by Flush chromatograph   →The active ingredient was purified using recycle chromatograph.    →Antioxidant measurement by phot chemical reaction methods
2015/07/15
野村町特産の朝霧の里ブルベリーを使用し四国特産のイヨカンをブレンドした天然ジュースを開発した。ジェイアイサイエンスの独自の抽出技術を活用した香り豊かな天然ジュースに仕上がっている。2016年には独自のルート販路と道の駅での販売を計画している。

Healthy natural juice including fantastic aroma ( New products from south small island in Japan)
2015/06/18
ジェイアイサイエンス本社研究所に付属図書館と薬草保管庫を増設。
(薬草保管庫)=(付属図書館)→中央研究所←(付属農場)
We added on library and stock house of herb at Center Labo in june 10th.
(Stock house of herb)=(Library)→Center laboratory←(Farm of Labo)
Our labo become usefull as study place !
2015/06/15
朝霧の里・野村町に行こう!
6月28日(日)AM10時~PM4時
野村にあるシルク博物館に行き、
地元農産物を使ったピザ食べ放題!
自作のピザ釜で焼いたピザを提供します。その後研究所の付属農場見学

定員10人
参加費2,800円(シルク博物館入場料込み)
集合場所 野村町広場(現地集合)
野村町良質食品素材開発グループ・ジェイアイサイエンス共同特別企画
参加者には地元農産物のお土産付き
-Tourism to Japanese villege and visit Silk muesium-
2015/05/12 ジェイアイサイエンス研究所 所長(工学博士)と台湾食品工業発展研究所のChen Yi Hong(農学博士:米コーネル大学)4月22日新竹(台湾)で食品技術研究と人的交流について会合をもった。6月までに具体的提案をして進めていく事で合意。
2015/04/21 We made up mini plant methods to purification of the active ingredient from herbs cultivation at laboratory and attached farm.

Plant cultivation(植物栽培) → Drying operation(乾燥) →
Extraction methods(抽出方法) → Column separation(カラム分画) →
HPLC purification(精製) → Physiological activity test(生理活性テスト)
(Anti-oxidation using Hitachi Aloka instrument)
(日立アロカ製抗酸化測定装置使用)

In the future,We accept the trainees by using the mini plant, and to learn the technology.
2015/04/18 野村町の科学の学校、2年度目の助成が採択された(子どもゆめ基金助成金:独立法人、国立青年教育振興機構)専任教官としてジェイアイサイエンス研究所・所長が就任。
地元の農産物を使用し化学分離技術を楽しく学ぶことがメインの目的である。
2015/03/12 4月上旬より新規の活性測定として抗酸化測定を開始(日立アロカメディカル製の生物・化学発光測定装置使用)。
1検体通常価格1万5千円(税別)のところ、お試し価格として1万2千円(税別)。
お試し価格期間は2015年7月20日まで。
2015/03/01 州立ハワイ大学の食品バイオ研究所でミーティング開催。
州立ハワイ大学の李先生より当社へ
食品分析項目の一覧表と価格表の提供依頼があり送付した。
今後、州立ハワイ大学の李先生からの受注分析を期待している。
(バイオテクノロジー活用による食品開発では全米大学4位の地位を保持)
2015/01/15 ジェイ・アイ・サイエンス研究所の付属農場(野村町食品素材開発グループ・代表熊谷武)に今春から8品目の薬草栽培開始(サフラン、キンカン、シソ、桑の葉、ウコン、山アザミ、黒大豆、マリーゴールド)
2015/01/09 日本分析工業(リサイクルクロマトグラフィーの最大手)と販売代理店契約を結び、1月27日にリサイクルクロマトグラフの最新鋭機を導入。(技術講習会をジェイ・アイ・サイエンスの研究所にて2月中旬に開く予定にしている)
2015/01/05 ジェイ・アイ・サイエンスと西日本薬業(松山市南吉田・高市雅夫社長)は食品成分析受託業務で提携しているが、ジェイ・アイ・サイエンスでは今回特に食品中のビタミン薬用成分の分離定量を三次元クロマトグラフィーで正確に定量する業務を開始。(四国初)
2014/10/18 ジェイ・アイ・サイエンス(YU)の研究所内に化学の学校を開校した。
第1回目の講義は”愛媛県人とノーベル賞と化学技術について”。
2014/10/12 ロシアのNizhny State UnivercityでVA. Krynof先生とクロマトグラフィーの創設者M.S. ツェット博士の研究書を共同執筆の協定締結。
2014/10/02 分取クロマトグラフィー研究会報告会
西予市野村良質素材開発グループ員4名に本研修センターで分取クロマト技術研修会を開いた。
2014/10/01 西日本薬業(株)と検査試験と精密分析業務で業務提携(高市社長と弊社、松下社長が提携調印)
液体クロマトグラフィーによる分析業務の充実を図ってゆく。
2014/08/25 最新の自動分取クロマトグラフィー(島津製作所)を活用して、ブルーベリーからのアントシアニンの精製事業開始。
2014/08/22 分取クロマトグラフィー研究会からの報告
平成26年度クロマトグラフィー2級3級通信教育、秋季受付開始(10月1日~10月31日)
2014/08/18 野村町良質食品素材開発グループの指導研究所としてジェイ・アイ・サイエンス研究所が採択された。
地元の農産物を利用して、粉末スープ開発へ。
海南タイムズにも紹介された(平成26年8月25日号)。
-平成26年度農林水産物加工開発補助事業-
2014/05/22 クロマトグラフィー技術の研修制度確立

〒790-0045
愛媛県松山市余戸中1丁目2-5号

業務内容は受託分析、分析法の指導、分取クロマトグラフィー研究会の推進、食品素材開発の指導を4本柱としています。
研修制度も充実しておりますので、ご気軽に連絡してください。

  • 食品の機能性成分、有害成分の定性、定量
  • クロマトグラフィー中心に
    各種分析技術指導
  • クロマトグラフィーの通信教育
    (1級、2級、3級)、クロマト書籍の販売
  • 野村町の加工場活用による指導と
    有効成分の抽出
ジェイ・アイ・サイエンス(有)
化学技術研究所
〒790-0045 愛媛県松山市余戸中1丁目2-5号 電話・FAX 089-908-9718 Mail chromatograph.ji@silk.plala.or.jp